恵方巻の予約

コンビニ業界、スーパー業界は、少なくとも月1回の頻度で、何らかのキャンペーンをやりたいらしい。

1月後半は2月3日の節分に向けた恵方巻商戦の真っ只中である。日本人はこんなに恵方巻が好きだったのか。年中売っているから、特に予約しなくてもと思うのだが。むしろ、キャンペーンに釣られてこの時期だけ食べたくなるのかもしれない。

最短4時間でお届け! イトーヨーカドーのネットスーパー

美味しい米沢牛

米沢牛は、山形県米沢市がある置賜地方の登録された牛舎にて18か月以上肥育された生後月齢32ヶ月以上の黒毛和牛である。日本食肉格付協会が定める3等級以上の外観並びに肉質及び脂質が優れている枝肉という条件がある。

米沢牛の特徴はきめ細かい霜降りと脂の質の良さ。上質の脂は、うまみ、香りがあり、溶け出す温度が低くとろけるような食感をつくりあげます。この上質の脂ができる秘密は、置賜の気候風土もさることながら、先人が永い年月をかけて、試行錯誤を繰り返し培ってきた飼育技術によるもの。その技術は脈々と受け継がれ、すばらしい米沢牛を育て上げるのです。

米沢牛専門店 さかのネット通販

牛肉

松阪牛について

松阪牛の条件を確認しておこう。松阪牛は以下の通り定義されています。

・黒毛和種、未経産の雌牛。
・松阪牛個体識別管理システムに登録されていること。
・松阪牛生産区域(旧22市町村)での肥育期間が最長・最終であること。
・生後12ヶ月齢までに松阪牛生産区域に導入され、導入後の移動は生産区域内に限る。

以上の条件をすべて満たし出荷されたものが松阪牛と呼ばれる肉になります。牛を松阪牛に育て上げるには飼育方法がカギです。松阪牛は「放牧」ではなく「牛舎」で育てられます。一頭一頭をしっかり分けて管理し、牛にストレスを与えぬよう細心の注意が払われています。6ヶ月程度から本格的に松阪牛になるための飼育が開始され、出荷まではの約3年間、VIP待遇で育てられます。ビールを飲ませて食欲増進させ、肉付きを良くさせることもある。肉はとても柔らかく霜降りであることが特徴です。

特選松阪牛専門店やまと

牛肉

おいしい牧草牛

牧草牛の餌は牧草地に生える牧草や干し草だけ。牛の排せつ物が栄養たっぷりの牧草を育てるという循環ができます。日本人が食べなれた肉は穀物牛の肉でトウモロコシなどの穀物を与えて育てますが、これは本来牛が食べない食物なんです。さらに、牛舎で飼われて運動もしないため、脂肪の多いいわゆる霜降り肉になります。一方、牧草牛の肉は筋肉質で脂肪の少ない赤身肉。厚切りのまま火を入れすぎず赤身の味を味わう食べ方に向いています。ステーキはレアからミディアムがいただくのが良いでしょう。

ニュージーランド牧草飼育牛 斎藤ファーム