松阪牛について

松阪牛の条件を確認しておこう。松阪牛は以下の通り定義されています。

・黒毛和種、未経産の雌牛。
・松阪牛個体識別管理システムに登録されていること。
・松阪牛生産区域(旧22市町村)での肥育期間が最長・最終であること。
・生後12ヶ月齢までに松阪牛生産区域に導入され、導入後の移動は生産区域内に限る。

以上の条件をすべて満たし出荷されたものが松阪牛と呼ばれる肉になります。牛を松阪牛に育て上げるには飼育方法がカギです。松阪牛は「放牧」ではなく「牛舎」で育てられます。一頭一頭をしっかり分けて管理し、牛にストレスを与えぬよう細心の注意が払われています。6ヶ月程度から本格的に松阪牛になるための飼育が開始され、出荷まではの約3年間、VIP待遇で育てられます。ビールを飲ませて食欲増進させ、肉付きを良くさせることもある。肉はとても柔らかく霜降りであることが特徴です。

特選松阪牛専門店やまと

コメントを残す




CAPTCHA